外来診療担当表

概要・特色

「循環器」とは、おおまかに言えば、血液を体内で循環させるポンプとしての「心臓」を中心として、そこから全身へ血液を送り出す血管(動脈・静脈)や心臓自体 を養っている冠動脈といった「血管」で成り立っています。ですから私どもが治療の対象としているのは心臓と血管が主になります。

循環器は、人間が生まれた時から常に動いている臓器であり、生命維持に欠かせないものです。しかし、それだけに色々な影響を受けやすく、いったん何かの原因で不都合が起こると生命に関わることも少なくありません。そのため現在の日本では、がんや脳卒中と並んで循環器の病気である心筋梗塞が「三大疾病」の一つ に数えられています。

当院では、緊急性が高い循環器の疾病に対して経験豊富なスタッフを揃え、患者さまそれぞれの病態に応じた治療を行っています。

このページの先頭へ

ペースメーカー外来

当院ならびに他院でペースメーカーを留置されている患者様の、定期的なペースメーカーチェックを行う専門外来です。

チェックを定期的に(原則 4ヶ月毎)行うことで、電池の消耗の程度やリードの断線などトラブルが生じていないかなどを評価します。
同時に頻脈性の不整脈が生じていないかどうかも判定し、必要であれば治療を行います。

心臓の状態はずっと同じ訳ではないため、チェックを行うことで適切な条件設定を施すことができ、それにより出来るだけ電池寿命を延ばすようにしています。

診察日
 第2・第4木曜日 午前

他院で留置されている方の管理も行いますので、お気軽にご相談下さい。

このページの先頭へ

対象疾患

次のような症状がある、思い当たるといったときには循環器内科を受診して下さい。
また糖尿病や高脂血症といった生活習慣病をお持ちの方、血圧がなかなか下がらないといった方も受診をご検討ください。
対象疾患
疾患名 症状
狭心症 歩く(動く)と胸全体が圧迫される、痛む(それに関連して左肩がこる、左腕がだるくなる、背中やみぞおちも痛くなる)休むと症状はとれてくる。
冠れんしゅく性狭心症 タバコを吸うと上記のような胸の圧迫感などが出る。夜中から明け方にかけてそのような症状で目が覚める。
心不全 歩くと息苦しい、寝ると息苦しくなる。食べてもないのに体重が増えた。足がむくんできている。
不整脈 脈がとぶ、突然ドキドキする。一瞬目の前が暗くなる、意識を失う、または失いそうな感じがする。
閉塞性動脈硬化症(ASO)といった「足の狭心症」のような疾患の可能性 歩くと足がだるくなる、つりそうになる。(休むと改善する)。どちらかの足が冷たい。

このページの先頭へ

医師紹介

部長 濱口 秀人

部長 濱口 秀人
  • 認定資格
    日本心血管インターベンション治療学会専門医
    日本循環器学会認定循環器専門医
    日本心臓リハビリテーション学会指導士
    日本内科学会認定内科医
    日本抗加齢医学会専門医
    日本医師会認定産業医
  • 所属学会
    日本心血管インターベンション治療学会
    日本循環器学会
    日本心臓リハビリテーション学会
    日本不整脈学会
    日本内科学会
    日本抗加齢医学会
    日本救急医学会
好きな食べ物
通常食べれるものは何でも
休日にすること
休養、買い物
モットー
カテーテルを用いた心臓、血管の検査、治療および永久心臓ペースメーカー植え込み術に際しては、特に充分な説明をさせていただきます。

このページの先頭へ