当院について

トップページ / 当院について / 院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ

院長 西村 進一

当院は“誠実と信頼の医療”を理念として掲げて、これまでも地域医療における中核的な病院としての役割を果たしてきました。さらに昨年春には、救急医療やへき地医療等公益性の高い医療を担わなければならないなど厳しい条件がある社会医療法人にも認められました。

そうした重くなる責任に応えるべく、現在も救急疾患を24時間体制で受け入れていますが、その体制のさらなる充実を図っていきたいと考えています。特に私の専門でもある脳卒中は、1分1秒でも早く的確な診断を下し、正しい治療に当たる必要がある病気ですから、受け入れ側として環境を整えておくと同時に、真の地域医療を実現するために、地域の皆さまに疾患に対する啓発活動や医師会や開業医の先生方との密接な関係の構築にも力を注ぎたいと思っています。

急速に高齢化が進む日本だけに、これから先、医療環境はますます厳しくなると予想されますが、そうした中でも当院は、これまで以上に職員が一帯となって力を合わせて、さらなる理念の具現化に向けて努力を続けていきますので、ご支援のほど、宜しくお願いいたします。

院長 西村 進一

名誉院長あいさつ

名誉院長 小玉 正智

当院は昭和61年に四条畷駅前で開院しました。そして、施設の老朽化や手狭になったことなどから平成17年に現在の場所に移転・新築しました。診療科も増え、今では四條畷市を中心に交野市、寝屋川市、大東市などを含む北河内地域の中核病院として、特に救急医療に力を注いで地域医療を支えてきました。

平成23年1月には社会医療法人になり、その社会的責任もますます重くなりましたが、当院では、それに応えるべく地域の方々に昼夜を問わず24時間体制で適切な医療を提供するため、優秀なスタッフが一丸となって、日日、努力しています。

さらに、現代の医療は、1つの病院で全ての治療を行うのではなく、地域の病院が一体となって治療を行い、近隣の病院をはじめ診療所やクリニックなどと連携を密にして病病・病診連携にも力を注いでいます。
今後も、地域に頼られる病院として発展すべく、全スタッフが全力をあげて最新かつ最高の治療が提供できるように努めていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

名誉院長 小玉 正智

副院長あいさつ

副院長 出雲 幸美

Nurses, aim higher To support the person's life.

当院で看護部長職を経て、平成29年9月に当院で初めての看護職の副院長を拝命いたしました。
今、AI(人工知能)の発展による社会・医療現場はめまぐるしく変化しています。診断領域においては人間よりも優れているとも言われています。しかし、どれだけ発展してもそれを扱うのは、「人」です。人間は人間にしかできないクリエイティブな仕事やマネージメント、そしてホスピタリティが「医療・看護」のチームには大切なことです。
人間の存在そのものへの普遍的な役割を持つ存在として「看護」が重要な位置を占めていると思います。だからこそ、すべての看護師たちに志高くあってほしいと思います。

「顧客にとってどうか」という視点での経営改革

ドラッガーの「経営者の条件」の中に出てくるブライアン看護師の原則のように、常に「顧客にとってどうか」という視点で、患者様そして関わる人々のために、この病院がずっと続くように、経営改革を進めながら、地域医療への貢献を深めていきたいと考えています。

もうひとつのAI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)

病院組織のどの職員も、問いや探求(インクワイアリー)により個人の価値や強み、組織全体の真価を発見しそれらの価値の可能性を最大限に活かし、能力を高く発揮できるよう支援したいと考えています。

副院長 出雲 幸美

このページの先頭へ