概要・特色

安心かつ適正な薬物療法の実践を目指します

概要・特色

院外処方箋を発行しているため、薬剤師業務は入院患者中心です。私たちは医薬品の供給や調剤を行うだけでなく、病棟活動や各種医療チームへの参画を通じて他職種と連携し、患者一人ひとりに対して薬学的ケアを実践し、安心かつ適正な薬物療法が実践できるように心がけています。

業務内容

調剤

処方箋に基づき、主に入院の内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行っています。電子カルテシステムを導入し、処方内容の鑑査、薬歴の管理、重複投与・相互作用、検査値や身体情報に応じた投与量等の確認を行っています。
内服薬・注射薬ともにバーコードを用いた患者認証システムを導入し、誤薬防止のための安全対策を行っています。

抗がん剤業務

がん化学療法に使用する全ての抗がん剤は、薬剤師が安全キャビネットで無菌調製を行っています。抗がん剤は、化学療法委員会で妥当性が精査され登録されたレジメンに基づき処方され、化学療法開始時に薬剤師が、内容確認を行い安全な施行に努めています。

病棟業務

全病棟に薬剤師を配置し、持参薬及び服薬状況の確認やアレルギー歴・副作用歴などの情報を収集し、医師・看護師へ情報提供しています。又、患者・ご家族への服薬指導、個々の全身状態を考慮した処方提案などの業務を行っています。

外来部門

大腸内視鏡検査前処置薬や自己注射導入時の説明を行い、安心で正しい薬物療法が行われるよう努めています。また、化学療法室において、抗がん剤治療や副作用について説明し、日々の生活を送りながら安心して治療に専念できるように努めています。

チーム医療

ICT、AST、NST、褥瘡対策などのチームに参画し、情報提供や処方提案を行うことで薬剤師としての職能を発揮しています。また、他の職種と共同開催している糖尿病教室を通じて患者教育にも取り組んでいます。

医薬品情報(DI)業務

薬の新しい作用や副作用、安全性情報、様々な情報が厚生労働省、PMDA(医薬品医療機器総合機構)、製薬会社などから提供されます。薬が安全・適正に使用されるようにそれらの情報を収集、整理し、管理しています。また、必要な情報は、速やかに医師・看護師等の医療従事者に提供し、適宜、病棟薬剤師と情報共有を行い、薬の適正使用を推進しています。

薬剤師会・保険薬局のみなさまへ

院外処方箋への検査値と身体情報記載について

適正で安全な薬物療法を提供するために、患者さんの検査値(13項目)と身体情報を院外処方箋に記載しています。検査値・身体情報を保険薬局に開示・共有することで、医薬品の投与量確認、副作用のチェックが可能となり、薬物療法の安全性の向上につながるものと考えます。

処方箋見本

がん化学療法レジメン公開について

当院で施行されるがん化学療法レジメンについて「がん化学療法を受ける患者様の適切な投与管理を目的」のため、地域の保険医療機関ならびに保険薬局を対象にがん化学療法情報を公開します。がん化学療法では、保険薬局での服薬指導が重要と考えております。今回、当院における各がん種のレジメン※一覧を公開することにより、保険薬局でのがん患者指導および副作用回避に役立てて頂ければと思います。

※レジメンとは、がん化学療法における、薬剤の種類、用法用量、輸液、支持療法薬(制吐剤など)の投与に関する時系列な治療計画です。当院で施行されるレジメンは当院の化学療法委員会で審査・承認済みです。なお投与量や投与スケジュールは患者様の状態によって変更される場合があります。

当院のレジメン一覧

化学療法情報提供書

保険薬局で「即時性は低いものの、医師に情報提供が望ましい」と判断された内容については、こちらの化学療法情報提供書をご利用ください。

化学療法情報提供書

このページの先頭へ

このページの先頭へ