診療科目のご案内

トップページ / 診療科目のご案内 / リハビリテーション科

リハビリテーション科

外来診療担当表

概要・特色

リハビリテーションって?

【ラテン語】re(再び)+habilis(適した)
⇒「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」

病気や事故により何らかの障がいを持った人に対し、身体的・社会的・職業的・教育的など、あらゆる方向から援助し、失った機能を回復させ、または失った機能を代償する手段を獲得し、残存能力を最大限に引き出して社会復帰を目指すもの。

怪我・病気をして退院した後、家で困ることって何でしょうか?

  • まず病院から家まで帰れない ・・・歩行、車椅子など移動手段を理学療法士が担当します。
  • ベッドから起き上がれない ・・・ベッド上の動作、車椅子への乗り移りを理学療法士が担当します。
  • 家の中で移動ができない ・・・家の中に手すりなどが必要になれば作業療法士・理学療法士がご自宅に訪問し、必要に応じて福祉用具の助言をします。
  • トイレができない・お風呂に入れない ・・・ご自宅の状況に合わせた動作の練習、自助具の提案など作業療法士が担当します。
  • ご飯が食べられない ・・・適切な食具の提案・使い方の練習を作業療法士が、歯で噛む・飲み込みを言語聴覚士が担当します。
  • 言葉が話せない ・・・言語練習、新たなコミュニケーション手段の獲得を言語聴覚士が担当します。
  • 車の運転が心配 ・・・高次脳機能障がいと診断されていれば言語聴覚士、作業療法士が、運動機能を理学療法士が担当します。
  • 家事ができない ・・・ご自宅の状況に合わせた練習、提案を作業療法士が担当します。

具体的には

  • 運動療法 ・・・硬くなっている関節、動かしづらくなっている筋肉を適切な状態になるようにアプローチします。
  • 移動動作練習(歩行、車椅子)・・・ベッドから起き上がり、歩行や段差昇降の練習をします。
  • 応用動作練習(食事、排泄、入浴など)・・・シミュレーターで実際の環境に即した練習します。
  • 職業・家事動作練習・・・職業や家事で必要となる作業の練習をします。
  • 嚥下練習・・・実際の食事の形態を細かく設定し、自力で飲みこめるように練習します。
  • 会話練習・・・聞く、話す、理解するといった能力の問題に対して練習します。
  • 家屋評価・・・スタッフがご自宅に伺い評価します。
  • 高次脳機能障がいの改善に向けた練習・・・様々な症状に対して直接的・間接的なアプローチをします。

手の外科:スプリント療法 調理練習の様子 自宅周辺での歩行練習

このページの先頭へ

リハビリテーション科の紹介

スタッフ人数

2021年
PT OT ST
31名 13名 7名

業績

年度別リハビリテーション科新患指示件数

療法別(2020年度)

このページの先頭へ

施設紹介

理学療法室

  • 理学療法室
  • 理学療法室

建物の周りにウッドデッキがあり屋外歩行も安全

作業療法室

  • 作業療法室
  • 作業療法室

「ADLシミュレーター」
トイレ・風呂・キッチン
ハンドスプリンティング作製器材

言語聴覚室(4部屋)

  • 言語聴覚室
  • 言語聴覚室

主な検査キット
標準失語症検査 標準失語症 検査補助検査 WAIS-Ⅲ コース立方体組み合わせ検査 WMS-R BIT レーブン色彩マトリクス検査 ベントン視覚記銘力検査 三宅式簡易聴覚記銘力検査 TMT HDS-R BADS トークンテスト FAB 標準注意検査(CAT) CADL

このページの先頭へ

医師紹介

医師 倉重 哲也

医師 倉重 哲也
  • 専門分野
    一般 整形外科
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医、
    日本整形外科学会認定スポーツ医、
    身体障害者福祉法指定医師(肢体不自由)
  • 所属学会
    日本整形外科学会
趣味
読書
特技
絵を描くこと
好きな食べ物
ふく(→ふぐのこと)
休日にすること
ゴルフ
モットー
恬澹(→てんたん 物に執着せず心の安らかなこと)

このページの先頭へ