外来診療担当表

概要・特色

概要・特色
概要・特色
1.消化器外科領域

胃癌、大腸癌、肝・胆・膵癌、などの消化器癌に対する手術や最新の分子標的薬を含む抗癌剤治療、胃、大腸、胆道の良性疾患に対する治療を行っています。

a) 悪性疾患
胃癌に対しては、内視鏡的粘膜切除(EMR,ESD)の対象とならない早期癌に対して開腹胃切除術または、腹腔鏡補助下胃切除を行います。進行癌に対しては、開腹手術を行い、術後に予防的抗癌剤治療を追加します。切除不能な場合や高度に進行した場合でも、術前に抗癌剤治療を行い、腫瘍を縮小させてから切除を行う場合もあります。癌によって消化管の通過障害がある場合でも、Quality of life(生活の質)の向上を目指し、バイパス手術を行うこともあります。

結腸癌・直腸癌に対して、比較的早期の症例には、腹腔鏡補助下手術を取り入れています。肛門に近い下部直腸癌の場合でも、永久人工肛門を回避し、可能な限り自然肛門を温存するための手術を行っています。腸閉塞を来たした症例にも、経肛門的に減圧チューブを挿入し、減圧後に腸切除を行うことで吻合が可能です(一時的人工肛門を避けることが可能となります)。抗癌剤治療は遺伝子検索を行った上で、分子標的薬などを含む最新の治療を、外来化学療法を中心に行っています。また、切除不能な場合でも、Quality of life(生活の質)の向上を目指し、バイパス手術や人工肛門造設術などを施行します。

原発性肝癌や転移性肝癌(特に大腸癌や直腸癌)に対する肝切除や膵癌、胆道癌(胆嚢癌、上部中部下部胆管癌、乳頭部癌)などに対して膵頭十二指腸切除術を行っています。また切除不能な胆管癌に対しては、消化器内科と連携し、内視鏡的ステント挿入術を行っています。

b)良性疾患
胃潰瘍、十二指腸潰瘍穿孔に対して、開腹または腹腔鏡下大網充填術、腸閉塞に対するイレウス解除術、肛門脱や直腸脱を含めた肛門疾患(痔、痔瘻、肛門周囲膿瘍など)に対する手術治療も行っています。胆石症(胆嚢結石症)に対しては、通常、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っております。 最近さらに低侵襲手術として、炎症の少ない症例に対し、臍の一箇所の傷のみで行う単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を導入しております。総胆管結石に対しても、消化器内科と連携し、内視鏡的十二指腸乳頭切開(EST)による結石摘出術を施行しています。また肝膿瘍に対し経皮経肝的膿瘍ドレナージや、閉塞性黄疸に対し経皮経肝的胆道ドレナージ(PTCD)などの緊急処置にも対応します。

2.一般外科領域

一般的な外科的外傷治療、 皮膚・皮下の腫瘤の切除をはじめとして、急性腹症(急性虫垂炎、急性胆嚢炎、腸閉塞、消化管穿孔)に対する緊急手術も積極的にうけいれております。 鼠径ヘルニア(いわゆる「だっちょう」)、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアに対してもメッシュを用いたtension freeの手術を中心に行っております。

3.肛門外科領域

2014年度より新設しました。
肛門疾患(3大疾患である痔核・裂肛・痔ろう)でお困りの方、直腸脱(肛門脱)、便秘や排便異常でお困りの方に対して、一般的な治療(病態に応じてそれに適した治療)を行っております。

肛門外科外来

このページの先頭へ

診療方針

どういう治療を選ぶのかは、患者さまに十分説明し、納得していただいてから決めています。最近では内視鏡を使った身体にできるだけ負担をかけない(低侵襲な)手術が好まれる傾向にありますが、決して内視鏡だけにこだわらず、開腹手術であれ腹腔鏡手術であれ、その患者さまの症状に最適だと思われる治療法を選択するようにしています。また、医師だけでなく検査技師や看護師といったコ・メディカルのスタッフとも協力して治療に当たる「チーム医療」にも積極的に取り組んでおります。

このページの先頭へ

診療実績

平成28年度外科手術症例(平成28年1月~平成28年12月)
胃癌手術
(腹腔鏡下胃切除)
14
(4)
膵頭十二指腸切除術 2
結腸癌直腸癌手術
(腹腔鏡下手術)
31
(21)
肝切除術 2
胆嚢摘出術
(腹腔鏡下胆嚢摘出術)
32
(30)
ヘルニア手術
(腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術)
43
(13)
虫垂切除術
(腹腔鏡下虫垂切除術)
24
(21)
肛門疾患手術 5
イレウス手術 9 その他消化器手術 13
腹膜炎手術 7 その他 35

このページの先頭へ

医師紹介

名誉院長 小玉 正智

名誉院長 小玉 正智
  • 専門分野
    消化器外科
  • 認定資格
    日本外科学会指導医、日本消化器外科学会専門医、
    日本救急医学会専門医、日本肝臓学会専門医、
    米国外科学会会員、外国人研修指導医
  • 所属学会
    日本外科学会、日本消化器外科学会、日本救急医学会、
    日本肝臓学会、日本癌治療学会
趣味
音楽、ゴルフ
好きな食べ物
和食
休日にすること
ゴルフ
モットー
親身な医療の提供、責任ある行動

副院長 部長 龍田 健

副院長 部長 龍田 健
  • 専門分野
    消化器外科
  • 認定資格
    日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会専門医、
    日本消化器がん外科治療認定医
  • 所属学会
    日本外科学会、日本消化器外科学会、
    日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会
趣味
テニス、スキー、ダイビング、温泉旅行
好きな食べ物
すし
メッセージ
わかりやすく説明し納得いく治療をうけていただくように心がけています。

顧問 瀬戸 伸一

顧問 瀬戸 伸一
  • 専門分野
    外科
  • 認定資格
    日本外科学会外科専門医
  • 所属学会
    日本外科学会、日本消化器外科学会
趣味
アウトドアスポーツ全般
モットー
全力投球いたします。

医長 村上 耕一郎

医長 村上 耕一郎
  • 専門分野
    消化器一般外科
  • 認定資格
    日本外科学会外科専門医、指導医
    日本乳癌学会認定
  • 所属学会
    日本外科学会、日本消化器外科学会、
    日本臨床外科学会、日本乳癌学会、
    日本消化器病学会、日本肝胆膵外科学会、
    日本コンピュータ外科学会(評議員)、日本膵臓学会、
    日本内視鏡外科学会
好きな食べ物
ラーメン
休日すること
料理
モットー
病は気から

このページの先頭へ