外来診療担当表

概要・特色

保存的治療と観血的治療とを使い分け、
早期離床に努めています

概要・特色
概要・特色
概要・特色
概要・特色
概要・特色

整形外科は、骨や軟骨、筋、靭帯、神経といった運動器官を構成するすべての組織に起こる疾病・外傷を対象に、その診察と治療を行う科です。対象となるのは、脊椎(脊柱)・脊髄や骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足指)などで、また診察対象も、新生児から高齢者まで全ての年齢層のため、治療が必要な患者数は極めて多いというのが特徴と言えます。

当院での特徴は、救急を主体とした病院ということで、外傷が多く、特に老人の骨折の治療が多いのが特徴です。当院の近くには病院が少なく、市民病院的な役割も担っております。外傷には、骨折以外に靭帯断裂・腱断裂などがあり、特にアキレス腱断裂は、クラッコー縫合法以外に当科独自の縫合法も行っており、また陳旧例に関しましても28年間放置例の手術経験もあります。お困りの方はご相談下さい。

また、当科の常勤医師4人中3人が日本手外科学会に所属しており、2008年より本学会より手外科基幹研修施設に認定されております。現在、手外科手術は年間200件ほどで、全手術件数の2/5を占めるようになり、まだまだ増加傾向にあります。当院で取り扱う疾患は、手指を含めた上肢の骨折を中心として、腱損傷・靭帯損傷・神経損傷などの外傷や、手根管症候群・肘部管症候群・ギヨン管症候群などの神経絞扼性疾患、バネ指やドケルバン病などの腱鞘炎、母指CM関節症・変形性肘関節症・ヘバーデン結節などの関節症、デュプイトラン拘縮や手指の腫瘍などを治療しております。ただし、今のところ手の先天異常は扱っておりません。

手外科については、まだ一般にはあまり知られていませんが、上肢全体を専門に手術などの治療を行う外科です。人が進化したのは手が自由に使えたからだといわれています。つまり、それだけ人にとって手は非常に重要な役割を果たしていて、身体の他の部位以上に繊細な構造をしていますから、専門の医師が必要だということで生まれた科です。もし何か手で不都合なことがあれば、当院にご相談下さい。

患者様の生活スタイルに合わせた人工膝関節術

現在、日本では、人工膝関節置換術(total knee arthroplasty:TKA)が年間約80,000件実施され、今後も増加が予測されるなかで術後の患者満足度の重要性が指摘されています。日本人は床面での生活が多く、正座や胡座など膝を大きく屈曲させる姿勢をとることがあり、生活様式の異なる欧米から供給される人工膝関節よりも可動域が良く、かつ安定性の高い機能再建が求められ、より自然の膝に近い動作を獲得できる手術が期待されています。

膝には、4つの靭帯があり、その中で前十字靱帯(ACL)と後十字靭帯(PCL)という膝関節の動作に重要な靭帯があり、脛骨の前後移動を制動する靭帯で、安定した跪き動作には不可欠な靭帯であります。しかし、人工関節手術の際にこの靭帯を切断する必要がある場合があります。従来の方法では前十字靭帯(ACL)、後十字靭帯(PCL)の両方ともを切除して行うか、もしくは、前十字靭帯(ACL)を切除し、後十字靭帯(PCL)のみを温存して手術が行われておりました。このACLをなんとか温存できないかと考えられた手術としてBCR(Bi-cruciate-Retaining)TKAが開発されました。前十字靱帯(ACL)とPCL温存型のBCR(Bi-cruciate-Retaining)TKA手術は、通常の人工膝関節と比較して手術手技が複雑で難易度も高いため,現時点ではトレーニングを受けた関節外科医のみに使用が限定されており、当院整形外科の飯田医師がその一人です。

飯田医師の人工膝関節手術は、膝の靭帯を切らない最新型の機種や、高度に変形した膝に対する機種、変形が内側だけならば内側だけを手術するUKA(単顆置換術)など、患者様の生活スタイルに合わせて、術後の良好な屈曲角度を含め、より良い機能改善を追求し、患者さん一人一人に最適の手術を行っています。

#UKA(単顆置換術)

概要・特色

変形が内側のみの場合、靭帯・外側の軟骨を温存するUKA(単顆置換術)を行なっております。UKAの方が傷が小さく、回復が早く、膝の曲がりも外側の軟骨が温存できているためよく曲がります。

#BCR(Bi-cruciate-Retaining)TKA

概要・特色

黄色丸に示されるように中央に前十字靭帯(ACL)を温存したまま、人工膝関節置換術を行 なっている。これにより全ての靭帯を温存したまま、UKAでは難しいO脚変形の矯正が行えている(赤矢印)。

このページの先頭へ

診療方針

外傷一般、例えば骨折に対しては、一部を除いてまず保存的加療が望まれます。必要最小限の期間ギプス等の外固定をし、その後は早期に可動域訓練を始め、可能な限り骨折による機能障害を少なくするようにしています。また、手術が必要なときは、インフォームドコンセントを尽くし、骨折部を大きく展開することを可能な限り避けて、侵襲を少なくする努力をするとともに、早期に関節を動かして関節拘縮や筋萎縮を招かないようにしています。

骨の脆い高齢者の骨折(橈骨遠位端骨折・上腕骨近位端骨折・大腿骨頚部骨折・腰椎圧迫骨折)の症例も多く、保存的治療と観血的治療とを使い分け、早期離床に努めています。また、膝内障に対しては侵襲の少ない関節鏡手術で対応しています。その他、加齢に伴う変形性関節症や変形性腰椎症も、理学療法・投薬・注射を適宜組み合わせて治療しています。

このページの先頭へ

患者様ご自身の血液成分を用いた再生治療

自然治癒力を活かし、治癒を目指す
当院整形外科では、膝関節専門医の「飯田 剛」による膝関節再生医療を開始しました。

APS PRP療法

皆さん、怪我をしてしまったとき傷にかさぶたがはって傷が治りますよね?
人間にも、もともとこのような「再生する力」があります。これを利用して行うのが再生医療です。
関節の再生医療とは、変形性関節症や外傷で失ってしまった機能を、痛み止めやヒアルロン酸などのいわゆる“化合物”である薬で治療するのではなく、自分の血液、脂肪等の“自分由来の組織”を使用して修復を目指す医療のことです。
再生医療には軟骨を培養して移植する“自家軟骨培養移植”、脂肪から幹細胞を採取して移植する“脂肪肝細胞移植”、血液より損傷した組織を修復する役目のある血小板を濃縮したPRP液を精製し移植する“PRP療法”の大きく3種類があります。いずれも厚生局の認可が必要な治療であり、当院では血液からのPRP療法を行なっております。

血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたものが、PRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。
PRPには抗炎症サイトカインや成長因子などの組織修復因子を多量に含むため、傷んだ組織に対し炎症の鎮静化や疼痛緩和、組織修復を期待することができます。
APSとは自己タンパク質溶液、Autologous Protein Solutionの略称で、このPRPに特別な加工を加えることで、膝関節症の治療に有効といわれる成分を高濃度に抽出するため、次世代PRPとも呼ばれています。
APS療法は、ご自身の血液から抽出されたAPSを膝関節内に投与し、関節内の炎症バランスを整えて炎症・痛みを改善することにより、軟骨破壊の抑制が期待され、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出し、傷んだ関節軟骨・靭帯などの治癒をうながすと考えられています。自分の血液を使用するので、拒絶反応、副作用がなく安全性が非常に高い治療です。関節の変形自体こそ直すことは出来ませんが、手術を行うことなく、関節の炎症や関節痛の大幅な軽減が期待できる治療法です。採血当日にAPS作成を行い、治療できますので入院の必要はありません。【保険適応外(自費診療)】

APSのメカニズム

私達の身体の中には、炎症を抑える抗炎症性サイトカインという良いタンパク質と、炎症性サイトカインという悪いタンパク質が存在します。良いタンパク質は悪いタンパク質の働きをブロックし、軟骨破壊に傾きがちな関節内のバランス改善に関係します。
APSは、炎症を抑える良いタンパク質と軟骨の健康を守る成長因子を、患者さんご自身の血液から高濃度抽出した溶液です。
APS療法は、悪いタンパク質が過剰に存在する関節内に、良いタンパク質が豊富なAPSを投与し、炎症バランスを改善することで痛みを軽減し、軟骨の変性や破壊を抑えようとする治療です。
欧州での臨床試験では、中程度までの変形性膝関節症において1回の注⼊で最大24ヶ月間に渡って痛みと機能改善が継続したと報告されています。

安全性について

  • APSのメカニズム

作製は医療機器として治療に使用すること(安全性)が厚生労働省より認められた医療機器(ZIMMER BIOMET製 APSキット)を使用します。患者様ご自身の血液を用いるため、免疫反応の起きる可能性は極めて低いと考えられます。
APS療法は欧州ではすでに治療法として承認されており、米国では複数の医療機関において臨床試験が行われ、有効性の確認が進んでいます。

採血と注射のみで終わるため、患者様の体への負担も少なくて済みます。
治療効果や効果の持続期間には個人差があります。

再生医療が受けられる医療機関検索サイトはこちら
⇒関節ライフhttps://kansetsu-life.com/saisei/6_04.html

治療の流れ

治療は日帰りで終わります。麻酔も必要ありません。

治療の流れ

費用

*本治療は保険適用外であるため、治療にかかる費用全額を患者さん自身にご負担いただきます。

350,000円(税抜)

※お支払いは、現金またはお振込みにて承ります。

医師紹介

顧問 金 基中

顧問 金 基中
  • 専門分野
    整形外科
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医、
    日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 所属学会
    日本整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会、
    日本手外科学会
趣味
映画鑑賞、音楽鑑賞
好きな食べ物
好き嫌いはありません
休日にすること
掃除、整理
モットー
患者様にやさしく

部長 小田 明彦

部長 小田 明彦
  • 専門分野
    手外科
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医、日本手外科学会専門医、
    日本整形外科学会認定リウマチ医、
    日本整形外科学会認定スポーツ医、
    日本整形外科学会認定脊椎・脊髄病医、
    日本リハビリテーション医学会認定臨床医、
    身体障害者福祉法指定医師
  • 所属学会
    日本整形外科学会(元代議員)、日本手外科学会、
    中部日本整形災害外科学会(評議員)、日本骨折治療学会 、
    日本肘関節学会、日本創外固定・骨延長学会
趣味
テニス
休日にすること
書類整理
モットー
備えあれば憂いなし

整形外科 副部長 飯田 剛

整形外科 副部長 飯田 剛
  • 専門分野
    整形外科(膝、股関節、特に人工関節)
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医、日本人工関節学会認定医
  • 所属学会
    日本整形外科学会、日本人工関節学会、日本再生医療学会、
    JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
趣味
バスケット・スキューバーダイビング
特技
手先が器用
好きな食べ物
チョコレート
休日にすること
旅行
モットー
一人一人の治療法を

医長 矢倉 幹啓

医長 矢倉 幹啓
  • 専門分野
    整形外科
  • 認定資格
    日本整形外科学会専門医
  • 所属学会
    日本整形外科学会

このページの先頭へ