外来診療担当表

概要・特色

呼吸の病気や異常に対する治療を行っています

概要・特色

呼吸器内科は呼吸器外科と違って、手術ではなく投薬などによって、肺や気管支、胸膜(肋膜)などの疾患が引き起こす呼吸の病気や異常に対する治療を行う診療科です。身近な病気としては、かぜや上気道炎、急性気管支炎、肺炎などがあります。インフルエンザなども呼吸器内科の診察の対象となります。

お越しになる患者さんの多くは、咳がなかなか止まらなかったり、息をするとゼーゼーいったり、歩いたり坂道を登ったりするとすぐに息が切れて胸が痛かったり、痰に血が混じるなどの症状が見られます。そういった方々は、ぜん息や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)、特発性間質性肺炎(肺線維症)などが疑われます。

当院では、予約外来を行っていますので、それらの症状が見られる方や思い当たる方は、一度呼吸器内科の診察を受けてみられることをお勧めします。

また、呼吸器の疾患を引き起こす大きな要因である喫煙に関しては、「禁煙外来」も設けていますので、なかなかタバコが止められないとお悩みの方は、そちらを受診されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ

禁煙外来のご案内

タバコの害についての最新の資料や、禁煙教育の支援などを行います。
診察日 :金曜日 夜診 17:30~19:00

1.タバコの害についての資料収集と情報提供
国内外のタバコの害についての資料やタバコについての公的資料を収集して、その情報を提供します。
2.防煙 ~未成年者にタバコを吸わせない~
未成年者の喫煙は増加しており、小学生の時から「吸い出したらやめられない」「本人だけでなく他人にも多くの害がある」事をしっかり考えて、自分の判断で吸わないようにすることが大切です。
3.分煙 ~非喫煙者がタバコの害を受けないようにする~
非喫煙者がうけるタバコの害をなくすために、公共の場や職場などでは、喫煙場所からタバコの煙が漏れないような安全分煙または禁煙が必要です。
4.禁煙 ~タバコを吸う習慣をやめる~
禁煙支援を行っている医療機関や自治体も増えています。また、禁煙情報等提供します。

このページの先頭へ