所属紹介 Affiliation Introduction

病院内部

病院内部

外来

外来では15の診療科があります。脳外科以外にも専門診療科があり、診察・検査がスムーズに受けられるように配慮しております。いつでも、患者・家族と向き合い丁寧にニーズに答える姿勢を大切にする外来を心掛けております。

SCU (Stroke Care Unit)

SCU(脳卒中ケアユニット)では、急性期脳卒中の患者様を対象に集中治療を行なっています。脳卒中は、脳出血・脳梗塞・くも膜下出血に分類され、脳の循環障害により意識障害や運動麻痺などの症状を起こす病気の総称です。患者様を診療し、呼吸、循環、代謝などの生体情報及び意識障害や麻痺などの神経症状の推移を観察し、迅速かつ適切に治療と看護を行うことを目的としています。

透析室

一人でも多くの透析患者が(透析を選ばなかったら失っていたであろう)自分の命に新しく意味付けができ、透析生活という状況の中での可能性をひろげて、自分の世界を再建できるように、支援できればと思っています。透析患者は、高齢化、重症化が問題となり、特に下肢閉塞性動脈硬化症の患者が増えてきていることから、当センターでもフットケアに取り組んでいます。

手術室

手術室は4部屋あり、年間症例数は1,600件前後、脳外科・整形外科・脊椎科・外科・泌尿器科・眼科の6科の手術を行っています。また、緊急手術件数も多く24時間対応できる体制をとっています。手術室看護としては、術前訪問により患者様の不安の軽減や、問題点を抽出し、術中術後の看護につなげ、安心・安全な医療を提供することを目標としています。

病棟

3階西病棟(回復期リハビリテーション病棟)
回復期リハビリ病棟で患者様ができるだけ早く家庭や社会復帰ができるように日常生活動作(ADL)の向上と機能回復ができるようリハビリテーションを行っています。患者さまが安心して在宅に帰られる姿が何よりも喜びです。
3階東病棟
呼吸器科・脳外科・眼科・透析科の4科に加え、重症患者5名を受け入れる病床を確保しています。眼科は白内障の日帰り手術から1泊2日の入院に対応しています。重症病床は、術後や人工呼吸器など重症疾患のケアを行っており、患者様が一般病棟で過ごすことができる状態まで看護ケアを行っています。病状が安定された患者様は、退院後に安心して療養が継続できるように支援・ケアを行っています。
短期入院の患者様や重症疾患の患者様、退院が近い患者様など、病状の違う患者様が入院加療されていますが、すべての患者様の状態に合った看護や関りができるように努めています。
4階西病棟
整形外科、脊椎科を主とする急性期の病棟です。整形外科では高齢者の大腿骨頚部骨折、腰部圧迫骨折、交通外傷の下腿骨、鎖骨骨折など手術適応疾患から安静目的の疾患に対応しています。脊椎科は、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの疾患が多く、術後の患者さまは痛みから解放され短期間で退院されていきます。
4階東病棟
外科・消化器内科・泌尿器科を主とする急性期病棟です。外科では胃がん・大腸がん・胆石症・炎症性疾患などの手術を行い、消化器内科では、消化管出血や急性膵炎・肝硬変などの疾患があります。泌尿器科では前立腺肥大や前立腺がんをはじめ、男性不妊症の原因となる精索静脈瘤の手術を行っています。
5階西病棟
一般内科と循環器内科です。「常に患者様の立場になって考える」をモットーに笑顔あふれる活き活きした職場づくりを目指し頑張っています。高齢者の誤嚥性肺炎や糖尿病教育入院、心不全や心臓カテーテル入院を行なっています。定期的に勉強会も行い、スタッフみんなでレベルアップするように日々頑張っています。
5階東病棟
脳神経外科病棟で、日本全国から入院される脳外科全般にわたる患者様の心の支えとなれるように、日々心のこもった看護を実践しています。現在では、脳外科に興味を持つ若い看護師が集まってきており、活気ある躍動感に溢れた病棟に成長しつつあります。

  • 看護部理念・基本方針
  • 看護部委員会